FC2ブログ

自立へ向けて

既婚なのに年下独身の彼に気持ちが傾いている。自分の心に素直になって、日常のことを綴りたいと思う。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年06月
ARCHIVE ≫ 2018年06月
      

≪ 前月 |  2018年06月  | 翌月 ≫

今日見た夢~怖い女、オレンジ 20180602

(夢の内容)
中学生だろうか。
ある施設に団体でやってきていた。
これから試合をするらしい。

その試合相手の団体と何やらトラブルがあったようで・・・
それを責任者に話したら、相手のチームは失格となった。
試合をする前に反則行為をしたとみなされて、試合をすることなく、次の試合へ進めることに。

チームのみんなはものすごく喜んでいた。

そしたら・・・

その仕返しがやってきた。
団体は宿泊することになっていて、私はその一員の二人(女子)と話していた。
話し終わると、彼女たちは各部屋へ戻って行った。

そして、私一人になると・・・
目の前には見知らぬ女性が立っていた(オレンジ色のTシャツを着ていた)。
私は一瞬で固まった。
ゾッとした。

目つきは鋭く、髪は肩まであって、(彼女たちに)危害を加えることは明白だった。
宿泊施設には、各部屋の配置図があり、一部屋だけ緑色のランプが点灯していた。
先ほど私と話していた女の子の部屋だった。

オレンジ色の(服を着た)女性は、どうやら彼女を狙っているらしい。
私はそう察した。
怖かった。

オレンジ女から、一緒に行こうと言われた。
恐ろしくて言う事を聞かずにはいられなかった。
いざという時には彼女を助けなきゃって思っていた。

私は、狙った女子の部屋の近くにオレンジ女と行って待機していた。
どうやら殺すつもりらしい。
恐ろしい。

そしたら、女子二人が部屋から出てきて、私に気づいた。
オレンジ女は私の足元に隠れていた。
それを知らず、女子二人は話しかけてきた。

私は何やら書類のようなものを持っていた。
内心びくびくしていた。
オレンジ女が潜んでいることを見破られてしまうのではないか。

女子は、話の流れで、私から書類を持って行った。
その時、オレンジ女がいると分かる物(黒い背景で水色の月のような形が印刷されていた)が出てきた。
ああ・・・

オレンジ女は、自分の正体がバレると察知して、私の足元から出てきた。
堂々と女子たちの前に現れたのだ。

優しい言葉で話しかけた。

でも・・・
そのうち本性が現れた。

大変。

周りには、オレンジ女をやっつけようと駆け付けた人が何人もいた。
女子に危害を加えようとするオレンジ女。
それを食い止めようとする人たち。

ボールのようなものを投げてオレンジ女を攻撃していた。

オレンジ女はまだまだ倒れない。

そこへ・・・
とどめのボールを投げた男性がいた。
そのボールはオレンジ女の足をコロコロ転がって、おしりに辿り着いた。
ボールから針が出てきて、おしりめがけて刺した。

オレンジ女は悲鳴を上げて死んでいった。

やったぁ。
撃退出来た!

(覚えているのはここまで)

どういう夢なんだろう。
変な夢。
こんな夢、初めて見た。
怖かった。
スポンサーサイト




     ブログ王
↑☆★☆ランキングに参加しています♪☆*.゜。:+*.゜

夢占い 2018 | Comments (0) | Trackbacks (-)